施術の前の注意すべき点

サロン

日焼けや飲酒は避けるべし

手軽さが人気の脱毛サロンですが、施術前にはやってはいけないことがいくつかあり、その注意を守らなければ肌トラブルの原因になりかねません。まず、施術を受ける日の前日までは、日焼けをしないことです。冬場はそれほど注意を払う必要はありませんが、夏場はついうっかり前日に海や屋外プールに出かけてしまい、日焼けをしてしまったということがよくあります。そうなると、光脱毛であれレーザー脱毛であれ、使用するマシンのメカニズムの関係から施術を受けることができなくなります。その理由は、現在主流の脱毛マシンの殆どが、メラニンに反応してしまうからです。通常、体毛に含まれるメラニンに反応することで脱毛の効果をもたらします。しかし、日焼けをしてしまうとその部分がレーザーやフラッシュに反応してしまうので、火傷のリスクが高くなります。これはとても危ないことなので、絶対に日焼けをしないように注意する必要があります。次に、飲酒に関しての注意点です。飲酒をすることで血流が良くなるため、脱毛の際に痛みを感じやすくなります。お酒を飲んでしまった場合には、予約を取り消して別の日に予約を取り直すなど対処をする必要があります。最後に、生理中も施術を行うことはできないサロンやクリニックがほとんどです。また、妊娠中も同様に施術は行っていません。女性の体はデリケートにできているため、体への負担が大きい場合には、施術を受けることはできないです。